GMOネットワークからのメールが届かない


弊社でも利用しているGMO/VPSですが、2019年4月15日からGMOが所有するネットワークが広範囲に渡り、迷惑メール判定に利用されるブラックリストデータベースに登録されてしまいました。

結果、このブラックリストを使って迷惑メールを減らす設定を行っているメールサーバが、GMOネットワーク上にあるメールサーバからのメールを迷惑メールと判定し受取りできなくなる事案が発生しました。

 

2019年4月22日現在でもGmail/G Suiteメールを含む沢山のネットワークではGMOネットワークからのメールが届かない現象は解決していない模様です。

 

弊社では下記のようにメールの配信経路を急遽変更する処置を行い、このメール不達障害を回避しました。

GMO基盤を利用しサーバをご利用のかたは下記を参考にメール配信経路変更を行い障害を回避するのが早いと思います。

このまま待っていてもいつ解決するかわかりませんので。

 

★必要条件としてはGMOネットワーク以外でroot権限をもったサーバ(仮想サーバ・AWSインスタンスなどでも可)でpostfixやqmailを動かしていること。(下記の例では smtp-relay.server.com と言う名前の架空ホスト)

 

-----

■■GMOVPS側(送り出す側)

 

★postfixの場合

 

rootになって

 

/etc/postfix/main.cf

に下記を追記して

 

relayhost = smtp-relay.server.com:25

 

その後

service postfix reload

を実行するか、Pleskで動いているならpostfixを再起動させる

 

★qmailの場合

 

/var/qmail/control/smtproutes

:smtp-relay.server.com

を書いてqmailを再起動。

 

■■中継サーバ・受け取る側(例:smtp-relay.server.com)

 

★postfixの場合

 

main.cfの以下にGMOVPSのsmtpサーバを記述

 

mynetworks = 127.0.0.1, GMOVPSのIPアドレス

と追記して

 

以下の様にpostfixプロセスを再起動。

 

service postfix reload

 

で完成。

 

★qmailの場合

 

/var/qmail/control/rcpthosts

にGMO基盤で動いているSMTPサーバのIPアドレスを記述し

qmailを再起動して完成。

 

tail -f /var/log/maillog

などで、Gmail/G Suiteメールへの転送が上手くいってるかどうかを確認。

 

【追記】2019.4.23

リレーサーバのmaillogを確認したところ、早くもまたGmail/G Suiteの受取拒否に遭っていました。

仕方がないので、お金を払ってSendGridというメール配信システムに下請けに出しました。

 

以下中継サーバ(例:smtp-relay.server.com)のpostfix設定ファイル main.cf に下記を追記して

 

smtp_sasl_auth_enable = yes

smtp_sasl_password_maps = static:sendgridid:sendgridpassword

smtp_sasl_security_options = noanonymous

smtp_tls_security_level = encrypt

header_size_limit = 4096000

relayhost = [smtp.sendgrid.net]:587

 

から、

service postfix reload

して/var/log/maillogを確認。

少なくともSendGridまでは配送されていました。

SendGridのActivitiesを確認すると、Gmail/G Suiteへ無事配送が行われていました。